誰にでもできる様々な留学方法

留学と言えば海外に長期間移住して大学などで学ぶことや、夏休みなどを利用して国際交流学生として提携する海外の学校に通い、ホームステイをしながら生活することを想像します。

高校生や大学生のうちは比較的簡単に実現できますが、社会人になってしまうと長期休暇が取れず、用意をする時間もないのでやってみたくてもできないとあきらめてしまう人も大勢います。
しかし、最近は社会人や主婦、高齢者など誰でも留学を実現できるプログラムが増えています。

何カ月も海外で学ぶことは難しくても、1か月程度のプランや1週間、2週間などの短期プランであれば休みの調整ができて海外旅行感覚で出かけることができます。



フィリピンなど英語が公用語のアジアの国なら移動時間や時差も少ないのでアメリカやヨーロッパに比べて簡単で、費用も安く抑えられます。
短期であっても学校に通って集中的に勉強をして、寮やホストファミリーの家で暮らすので会話は外国語で、テレビや新聞なども全てが外国語です。

添乗員が世話をしてくれたり日本語を話す友達同士で行く海外旅行とは違い、店での注文や書類の記入なども自分一人でやらなければならないのでサバイバル力も身につきます。時間と予算に余裕があり長期留学ができる人はゆっくり時間をかけて学ぶことができますが、短期の滞在であっても集中して学べば効果的に実力をつけることが可能です。

共同通信社

短期であれば滞在先の気候風土が合わなくてもすぐに帰れるというメリットもあります。

自分の生活スタイルに合ったプログラムで憧れの留学を実現しましょう。

高校留学情報選びを親身になってアドバイスいたします。